私のキャッシング体験談

私はNMB48が大好きです。
ファンクラブにも入っていて、コンサートにも良くいきます。
家にはNMB48のグッズが沢山あります。
私の宝物です。
私と同じくNMB48のファンの友達がいて、コンサートなどに一緒に行くことがよくあります。

今回私が消費者金融から50万円のキャッシングを利用したのも、コンサートでグッズを大量に購入したからです。
私はアルバイトで働いていますが、友達は正社員なので、金銭感覚に差があります。
にもかかわらず、いつも無理をして見栄を張ってしまうのです。

キャッシングの利用は今回が初めてではありません。
いつも利用してから、どうしてもっと少ない予算で買わないのだろうと後悔するのですが、グッズを並べると、この為にまた明日からアルバイトだと思えるのです。

だから今まで返済に失敗したことはありません。
しかし私は、どうせキャッシングを利用するのなら、もっと価値ある使い道をしてほしいと思います。

そうでないと私のようなダメ人間になってしまうと思います。
キャッシングは大金が欲しい時便利ですが、無駄なお金にならないようにしたほうが実りある人生が過ごせると思います。

私もまだ20代ですので、今のうちにこのキャッシング癖をなおして、素敵な大人になりたいです。

宇都宮にある消費者金融を利用する際の注意点

宇都宮には、沢山の住宅街が存在しており、
その分、それぞれの人間ドラマもまた存在しています。
そして、住人達によっては、宇都宮で暮らすのに十分なお金が
工面出来ていないという状況にあるのです。

そういった人達は、この地元に豊富に存在している、
消費者金融へ相談をする事になります。
不景気と呼ばれている現代において、
お金が足りないと嘆いている人はとても多いですが、
そんな時、この消費者金融の存在はとても頼りになるのです。

宇都宮の消費者金融は、優良な所もとても多いですが、
悲しい事に中には悪徳金融会社のような輩がいる事も事実です。
これはもちろん、宇都宮地区に限った事ではなく、
全国的に言える事です。

法の改正が成された今でも、こういった会社や業者は
後を絶たない状態で、個人個人が兎に角、
手を出してしまわない様に注意が必要です。

一番無難なのは、借りる前にインターネットで下調べを
しておく事です。これによって、悪徳金融会社に
手を出してしまう確率を、極限まで減らす事が出来ます。

大分銀行のカードローンを申し込む場合

いつも見慣れている地元の銀行でキャッシングを利用できれば、心強いものです。
予期しない出費は誰にでもおこる可能性があることを考えれば、キャッシングという手段を脳裏に浮かべる方も多いでしょう。
大分県にお住まいならば、大分銀行でのキャッシングを検討してみる人もいるかもしれません。
インターネットの大分銀行のホームページをチェックすれば、カードローン申し込みのあらましを確認することができます。
仮審査の申し込みも同ホームページから可能です。
また、大分銀行の場合はカードローンの申し込みに保証人は必要ありません。
保証会社による保証になりますので、審査に通る必要はありますが、自分で保証人をみつける必要はないのです。

キャッシングを利用したいけれども、保証人のあてが今すぐはないという場合も、審査の申し込みは可能です。
保証人なしでキャッシングの申し込みができることで、大分銀行でのカードローンは利用しやすくなっていると思います。
自分らしいライフスタイルを実現するために、キャッシングを考慮し、役立てようとする人もいるかもしれません。
いずれにせよ、キャッシングを活用する場合は、自分の状況に見合った返済計画を考えて、計画的に行いたいものです。

カードローンの利用可能限度額の増枠について

カードローンでは設定をされている利用可能限度額の増枠をする事が出来ます。
しかし、クレジットカードのショッピング利用枠の様に自動的に増枠されるわけではありませんので、自分で増枠の申込みをして審査を受けなければなりません。
このカードローンの増枠の審査は基本的には新規申し込み時の審査と大きな変わりはありません。

信用情報機関に履歴の照会をして健全性と他社での借り入れ状況を確認をする形となります。
また、増額をすることにより現在の収入を証明する書類の提出を求められることもありますので、新規申し込み時よりも手続きが煩雑となるケースも中にはあります。
この審査上で最も重要となる点は今までのカードローンの返済で一度も滞納をしたことが無いという点です。
一度でも返済の滞納をしたことがあるという方は審査に通ることは難しくなります。
また、常にカードローンの利用可能限度いっぱいの利用をしている方についても増額は難しくなります。
基本的に増枠は優良と判断をされる顧客にのみ行うものとなるからです。
このようにカードローンでも利用可能限度額を増額することは可能となりますので、もし現在の限度額を上げたいと考えている方は一度申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

京都銀行カードローンの利用方法

京都銀行のカードローンは、限度額10万円・30万円・50万円の3種類から選べ、限度額内ならATMで繰り返しキャッシング出来る便利なカードローンです。
また、給与振込や定期預金などの取り引きをまとめると、キャッシングの金利の割引もあり、大変お得に利用できます。
京都銀行カードローンでキャッシングする際の申し込みと借入・返済の手順について、ご紹介しましょう。

◎申し込み手順 ・京都銀行本支店の窓口で申し込みます。
 ・申し込み条件  満20歳以上満60歳以下で安定した収入があり、京都銀行に普通預金口座を持っていること。
            限度額10万円の借入申し込みの場合は、本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があればOKです。
 ・必要書類     本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)。
◎借入手順 ・通常の預金引き出しの要領で、ローンカードを使ってキャッシング出来ます。
  キャッシング利用出来るのは、京都銀行・提携金融機関・ゆうちょ銀行・セブン銀行の各ATMです。
 ・公共料金自動引き落とし等で、カードローン返済用預金口座の残高不足の場合は、自動的に融資されます。
◎返済手順 ・毎月5日に、カードローン返済用預金口座から定額自動返済されます。

 ・ローンカードを使って、ATMから随時返済することも出来ます。

カードローンの履歴の取り寄せ

カードローンの利息は日割り計算になりますので、店頭や業者のatmで返済をしない限りは、今どれくらい元本が残っているのか、毎月どれくらいの利息を払っているのかなどといった情報が全く分かりません。
これまでの取引の詳細を知りたい場合には、カードローンを利用している金融機関に対して、履歴の開示を求めることができます。
業者側はこれを拒否することはできませんが、本人確認や履歴を取り寄せる理由は尋ねられます。

2010年以前からカードローンを利用しており、きちんと返済をしている人の場合、この履歴を取り寄せてひきなおし計算をすると、カードローンの借入残高が減ったり、場合によっては払いすぎているお金を取り戻すこともできます。
業者側から開示されるカードローンの履歴は、契約書の記載どおりの利率で計算されていますので、これが20%を超える金利だった場合には、一度弁護士や司法書士の元に持参して引き直し計算をしてもらうと良いでしょう。
面倒でなければ、自分で無料のソフトをダウンロードして、計算することも可能です。
完済した後の借金でも、完済から10年経過していなければ、取り戻しは可能ですので、思い当たる方は早めに相談してみましょう。

消費者金融の意義について

消費者金融を利用することは、借金を抱えることになり、躊躇される人が多いと多いです。
しかし、急なお金が必要な際には、身内に迷惑をかけることなく、利用できるのが消費者金融会社なのです。
誰にも迷惑をかけることなく、お金を借りられるという意義はとても大切なことです。
金利は高いのですが、しっかり返済計画をたてて、早く済をすることが大切なことです。

消費者金融会社により、返済方法などが異なりますが、条件をしっかり把握して返済することが大切です。
消費者金融会社からお金を借りる意義は、ご自身の生活で必要になったお金を貯蓄などで、賄えないことが多いです。
消費者金融でお金を借りる意義は、生活のために必要なお金をいかに用意するかということに尽きると思います。

申込み時に利用限度額が定められますので、必要なお金以外でも、お金を借りる状態になりますが、決して、計画性のない借入れはすべきではないです。
勘違いしてしまうのは、借入限度額までは、ご自身の貯蓄だと思ってしまうことです。
しかし、消費者金融からお金を借りれば、間違いなく金利を課せられますので、金利負担分をしっかり考えて、お金を借りることが必要なのです。
簡単に借り入れるからといって、ずるずると借入れることは、絶対に避けなくてはなりません。

それから

その子はその話をしながら、表情を変えずにとめどなく涙を流しました。
それはまるで凍った瞳が溶けて行っているようでした
その時のその子の瞳に、初めて生を感じました。
これまではのようでした。
そういうことがその子の瞳を凍らせてしまっていたのだと、やっと理解出来た気がして少しでも役に立ててよかったと思いました。
そしてその子はその時以来、授業の合間の休み時間が来る度に、過去について胸の内から溢れ出すように話し始めました。

私達はその子の話を黙ってずっと聞いていました。

その子は物心付いた頃からかなり苦労していました。
その子の両親はその子が幼い頃から喧嘩が絶えなかったそうです。
それはいつもおかねについてで、取っ組み合いの喧嘩も絶えず、その子はある日その喧嘩に巻き込まれて怪我をしたそうです。
その怪我は大したことはなかったそうなのですが、その頃から今思えば成長が止まったようだと言っていました。
それは特に身長に現れていて、その当時のまま高さは変わっていないそうです。
それでこれまでに治療を受けたことがあったそうですが、上手くは行かず中学生になっても背の順番はクラスで一番前なのだと言っていました。
大人になりたくないという思いもあるかもしれないとも言っていました。
家ではいつも両親の喧嘩が絶えず、未だにお父さんは自分におかねを貸してとせびってくるので、そんな大人になりたくないと小さな声で溜め息混じりに話していました。
それから数ヵ月後に、その子は引っ越してしまいました。

最後にバイバイと言った時の血の通った温かい瞳が忘れられません。
その瞳のままその後は自分に正直に過ごし、そして幸せな生活をご家族共々送っていて欲しいと願うばかりです。

おまとめで借金のない生活へ

おまとめがうまく行って、一件一件、少しずつ借り換えを進めていく事が出来れば最終的に、複数の借金が一件にまとまる事もあるかもしれません。
そうなれば、複数借り入れがあっては審査も難しい金融機関も視野に入れる事が可能になります。
いっぺんに全部まとめようと思っても無理ですからまず追加利用をやめ、おつきあい中の消費者金融などで、一本化のための枠アップを打診してみる事から始めましょう。
その時はたとえ金利に変わりがなくても、複数あるものを減らしていく事を第一義に考えて、枠を取ってくれるところでひとつずつまとめていく事です。
そして融資を受けられたら、必ず全額を返済に回し、完済、解約を徹底することが大切です。

この時、強い気持ちでお付き合いをやめたいという事をはっきり伝えましょう。
何かの時のために…と思っても、何かの時と言うのは結局お金を使いたいときで、それでまた借金を増やしてしまう事になるのです。
おまとめのために新しく融資を受けて、また返したところから再利用してしまえばただ借金が大きくなっただけ、という事にもなりかねませんね。
お金はみんな同じに見えますし、実際みんな同じなのですが、借りたお金は結局、借りたお金でしかなく、臨時収入ではないのです。
きちんと返済していればいつかは必ず、終わります。
借金のない毎日をいつも心に思い描いて、一生懸命頑張ってみてはいかがでしょうか。

キャッシングに関する規制について

キャッシングのサービスはどんな企業でも提供できるものではなくて、いろいろな規制に従わなければなりません。

それができなければ提供することはできないのです。
キャッシングのサービスを提供している金融機関は銀行と貸金業者の二つがあります。

それぞれ銀行法、貸金業法という法律によって規制されています。
どのような金融機関であっても、あるいはどのようなサービスであっても、貸付を行うためには利息に関する規制があります。

それを定めた法律が利息制限法です。
利息制限法では貸し付ける際の金利の上限が定められています。
キャッシングのサービスを提供している金融機関であれば、この法律に従わなければなりません。
もっと言えば、利息制限法の上限金利を越えて貸付を行っているキャッシングのサービスは違法なものとなるわけです。
このように、キャッシングにはいろいろな規制があります。
銀行や大手の消費者金融であれば法令順守の姿勢もしっかりしていますから、きちんと規制にしたがっていると考えられます。
抽象の消費者金融が違法な貸付を行っているというわけではありませんが、法令順守に関する姿勢がどうなっているのかは分かりませんから、リスクはあるでしょう。