カードローン申込時には絶対に虚偽申告はしない

カードローンの申込み時に注意をしなければならない点は絶対に虚偽申告はしてはならないという点です。
虚偽の申告は必ず発覚をしてしまいますし、その後の審査で非常にマイナスなポイントとなってしまいますので、最悪審査に通らないという事も考えられます。

特に虚偽申告の多い項目として年収が挙げられます。
たとえ年収の虚偽申告をしたとしても、総量規制の影響で現在では収入証明書類の提出を義務付けているカードローン商品が多数存在をしていますので、この時点で虚偽が発覚をしてしまいます。

なお、銀行系カードローンであれば総量規制の対象外となりますが、以前より収入を証明する書類の提出はマストとなっていますので、いずれにせよ虚偽は発覚をしてしまいます。
次に他社金融業者でのカードローン借り入れ件数と借り入れ金額についての虚偽も多くなります。

カードローン会社では申込時の審査の中で信用情報機関を活用して他社借り入れ状況の確認を絶対におこなっていますので、この時点で虚偽は必ず発覚をしてしまいます。

このように虚偽申告をしても必ずのちに発覚をしてしまうこととなりますので、絶対に嘘はつかずに正確に個人情報を申告するようにしましょう。

無審査で消費者金融から借りる方法

お金が必要になった時、他社から借り入れが多い人や、
以前に返済を滞ってしまったためにブラックに
載ってしまったと言う人や、
今は仕事をしていなくて無収入だと言う人は、
借りようと思っても審査を通れない可能性が高いため、
借りる事ができない可能性が高いです。
そのためそれを自覚している場合は
無審査で借りれると言う貸金業者を探す事になります。

しかし、一般的な消費者金融では
無審査で借りると言う事はできません。
出来るとするならば、闇金と言われているような
法律で定められていない所のみです。

そのような闇金で借りると言う事はリスクがあります。
法律で定められていないのですから、
利息も法外な利率で取られたり、
万が一返済が滞った時には
無理やり回収をされる恐れもあるため危険なのです。
ですから、まずは無審査で借りようとは
思わないと言う事が大事になります。

しかし、どうしてもお金が必要で借りなくてな
どうにもならないと言う時もあります。
そういう時は、柔軟審査な消費者金融を探すようにしましょう
柔軟審査とは審査が比較的甘いと言う事です。
そういった消費者金融では、多少のリスクを抱えている人にも
貸してくれる事が多いのです。

他社の借入が多いからと、
ある業者では断られたとしても融資される事もあります。
ブラックリストに載ってるからと断られても
融資される事もあります。
こういった業者も中にはありますので、
比較サイトなどで比較してみると良いです。

消費者金融の審査が甘い理由

消費者金融会社によっては審査がとても甘い場合があります。その理由としては初めてサラ金などの消費者金融を借りようとする人間に特徴があります。
まず、かならず自宅の近所や人の目にとまっても怪しまれないかを確認して安心して借入れを可能とする為に少し自宅から離れた郊外にある大手消費者金融無人ATMやコンビニや銀行ATMから融資を受けることの出来るキャッシングを利用しているのです。

それは借入れ状況が真っ白な人間にしかスムーズに借入れ出来ない方法であり。審査の甘い消費者金融会社など中小金融会社を希望して申し込みにくる顧客に関してはもう大手金融会社では融資を受けれなかった審査が受けれなかった人間が多く来店や電話申し込みをしてきます。

そして、何故大手金融会社で借入れが出来ないのかが判明し納得の支払い状況や借入れ残高が明確になるのです。
そして他にも借りやすい点では理由があり、ポイントとしえて金利が低く安心な大手金融会社が利用して加入している信用情報機関への加入をしていない可能性が高いのです。
その信用情報機関に加入していれば貸付を行なった会社が、特定の人間にどれだけ貸したか返済しに来たかを随時更新するので事故の防止になります。

しかし、中小企業では事故をあまり恐れていれば貸付が出来なくなるので信用情報機関へ加入せず独自の自社判断で貸付することになります。ですがこれは返済する側としては多額の借り入れを知らずにしていることがあり危険な面でもあるのです。