公私混同しないためのキャッシング


私はビリヤードで遊ぶお金が足りなくなって、キャッシングでお金を借りました。
自営業という仕事柄、年上の人とお付き合いさせてもらう機会が多い私は、必然的にビリヤードをする機会が多かったのです。
私自身は、今年35歳ですが、仕事でお付き合いさせていただいている方達の世代は、45から50くらい。

いわゆるバブルを経験された世代で、当時流行ったビリヤードをする人が圧倒的に多かったのです。
私も最初は付き合い程度でしたが、やっているうちに嵌ってしまい、今ではすっかりハスラー気取りです。
キャッシングでお金を借りてビリヤードというと、賭けを思い浮かべる人もいるかと思いますが、賭けは一切してません。
ただ、普通のビリヤード場で玉突きをするのでなく、プールバーでプレイしているのです。
1回行くと、プレイ代金よりも、酒代の方が高くついてしまいます。
そんな訳で、回数が増えるとまとまった金額になるのです。

私は自営業なので、会社のお金を借りて使ったら、キャッシングで借りる必要はありません。
以前は、キャッシングを利用せず、そうしていた時期もありました。
しかし顧問の税理士に叱られてからは、自分の借入れは別にしてます。
公私混同しないためにもキャッシングのサービスは、とても利用価値が高いです。