キャッシングに関する規制について


キャッシングのサービスはどんな企業でも提供できるものではなくて、いろいろな規制に従わなければなりません。

それができなければ提供することはできないのです。
キャッシングのサービスを提供している金融機関は銀行と貸金業者の二つがあります。

それぞれ銀行法、貸金業法という法律によって規制されています。
どのような金融機関であっても、あるいはどのようなサービスであっても、貸付を行うためには利息に関する規制があります。

それを定めた法律が利息制限法です。
利息制限法では貸し付ける際の金利の上限が定められています。
キャッシングのサービスを提供している金融機関であれば、この法律に従わなければなりません。
もっと言えば、利息制限法の上限金利を越えて貸付を行っているキャッシングのサービスは違法なものとなるわけです。
このように、キャッシングにはいろいろな規制があります。
銀行や大手の消費者金融であれば法令順守の姿勢もしっかりしていますから、きちんと規制にしたがっていると考えられます。
抽象の消費者金融が違法な貸付を行っているというわけではありませんが、法令順守に関する姿勢がどうなっているのかは分かりませんから、リスクはあるでしょう。