消費者金融の名義変更において気を付けねばならない事とは


借金というものは、出来れば背負いたくはない厄介事です。

ですが、日々生活している上で、どうしてもお金が足りなくなり借金をしなければならないという状況は、生じてしまいます。特に自営業をしている人は、運転資金や生活費が不足して、なんて事が日常的に起こり得ます。

そういった人の場合、まずは親兄弟という親族に頼り、借金をお願いする場合が多いですが、現実的に多額の借金を許してくれるような親族は、そうそういないものです。そういった場合に、利用するのが消費者金融という事になります。ただしそういった会社でも、容易にお金を借りられる訳ではありません。

借金をするには、当然、厳しい審査があり、それにパスしなければ不可能なのです。なので当然、審査して貰ったものの通らず、借金出来ないというケースも出て来ます。そんな場合は、誰かに肩代わりしてもらったり、したりといった事態に陥ります。ですが注意して欲しいのが、消費者金融では基本的には、名義変更出来ないという点です。

勿論、誰かに勝手に名義を使われたり、それに近いトラブルで、特別に理由があり、その事情を立証出来るのならば変更する事は可能です。そしてもう一つの例外的ケースとしては、消費者金融自体が変更を認めた場合です。ただし、名義変更してくれる人が元の債務をきちんと引き受けるという条件が必要となり、しかも実際には引継ぎというより、新しい債務者への借り換えという形を取ります。そのため当然ですが、その新しい債務者が審査を通る事が絶対条件となります・